注文住宅 名古屋 ウッドビレッジ

緑がいっぱいの自然に囲まれた木造注文住宅専門展示場「ウッドビレッジ」

事務局ブログ

日別アーカイブ: 2012年12月2日

  ㈱三和木「東濃ひのき・三和木の家」展示棟、室内の紹介No1!

2012年12月2日

健康木の住まい「ウッドビレッジ」展示場、ブランドのご紹介! 今回は(株)三和木さん「東濃ひのき・三和木の家」室内をご紹介します(^^)v (一部の写真は㈱三和木さんから提供をいただきました) 展示棟名:「東濃ひのき・三和木の家」 出展会社: 株式会社 三和木 本社:岐阜県加茂郡白川町 伝統と風格を極めた和モダンな暮らし。 おもてなしやおもいやりの心がさりげなく導かれる暖かみのある住まい、そして無理なくエコライフができ、耐震、耐久、省エネの次世代木造住宅です。 エコライフ:私たちの生活がまわりの環境や私たち自身に影響を及ぼしている現状を認識し、少しずつでも何らかの行動を起こしていけるような生活スタイル。 構造材は柱・土台材は東濃桧材、4寸 通柱5寸  梁材は松・杉材  木造在来工法2階建 建物面積 1階床面積  161.50㎡(48.85坪) 2階床面積   67.28㎡(20.35坪) 延床面積   228.78㎡(69.20坪) 間取りプラン参照 http://www.wood-village.jp/modelhouse/house08.html 桧の木目が美しい玄関戸を開けると、おもてなしの心が伝わる暖かみのある玄関ホールを見ることができます。 正面の壁は杉柾目(すぎまさめ)と和紙との配置バランスもよく、天井は勾配天井で奥行きも感じさせ、壁との間には欄間障子(らんましょうじ)をはめています。 そんな玄関の雰囲気の中、壁の中央には、さりげなく一輪座しが目に入り、とても心を和ませてくれる演出をしています(^^)… 玄関床:白御影石 ホール床:栗の床材 壁:塗り壁 天井:桧柾目板(まさめいた) 玄関床とホール床との段差も小さく、とても上がりやすいです。 玄関框:タモ板材 玄関の脇には杉無垢(すぎむく)の飾り棚兼用の小物収納があり、中央部分はイスにもなり、腰掛けたい時や靴を履くときは便利です(^^)v。 玄関ホールを挟んで左側は接客間を兼ねた和室です。床柱(とこはしら)以外は柱を見せない工法を取り、スッキリした幅9尺(2.7m)の床ノ間と付書院(つけけしょいん)を思わせる出窓を設け、従来の和室にはとらわれない現代的な和風を感じさせます。 床柱(とこはしら)は木目がとてもきれいな秋田杉を用いています。 落掛け(おとしがけ)に特徴があり、和室に軽やかな感覚を持たせたい場合には、見付け部分を刀の刃ように極力薄くした落掛け材(刀刃・八掛け=はっかけという名称でしょうか)を用います。 落掛け:床ノ間の上部、小壁の下にかけ渡してある横木。 天井は秋田杉材を格子状に並べ、間から差し込む間接照明の効果で、心がなごむような気持になります。 床板(とこいた)は輝きのあるとても綺麗なピアノ塗装を施し、壁際は間接照明が光を放ちます。 襖戸の引手金物は琵琶楽器のような形をしています。 建具枠も見付けを刀の刃ように極力薄くした材を使用しています(^^)ok。 天井までの大きな建具を開けると、広々とした家族団らんの場である生活空間が広がります。床はナラ材フローリン貼り、壁・天井は白を基調とした配色の塗り壁です。 居間・ダイニング・キッチンを含めると30帖あり、ダイニングの一角からは居間・キッチンを一望できます。 居間とダイニングの広い空間には槐(えんじゅ)大黒柱と同色塗装の梁材があり、それを横切る黒塗装の照明BOXが部屋空間とのコントラストが素敵です。 ライン照明は家具等の位置によって移動可能な機能もあります。 … 続きを読む

カテゴリー: 事務局ブログ | コメント