注文住宅 名古屋 ウッドビレッジ

緑がいっぱいの自然に囲まれた木造注文住宅専門展示場「ウッドビレッジ」

事務局ブログ

日別アーカイブ: 2013年3月7日

  再エネ発電促進賦課金 知ってますか?

2013年3月7日

健康木の住まい「ウッドビレッジ」展示場、 展示棟名:「雨楽の家大府」 出展会社: 株式会社 ランド技建 本社:名古屋市熱田区 外観は切妻の大屋根が全体を形成し、そこに玄関・ポーチ屋根とベランダが付くことでバランスが良く、壁は鮮やかな白と引締った茶で配色し、新しい和風を感じさせる建物です。 「再エネ発電促進賦課金」 知ってますか? JAFMate 2013.3月号から、興味のある記事を見つけました。 電気料金の請求書(電気のご使用のお知らせ)を見た人は、項目の最後に「再エネ発電促進賦課金等」という項目がふえていることに気づいたでしょうか? これは昨年の7月から始まった「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を支えるため利用者の負担分です。 日本はエネルギーの自給率が極めて低く、化石燃料のよる火力発電が多く、長期の安定供給に不安があることです。 そこで導入されたのが、自然エネルギーによって発電された電気を高めに買い取る固定価格買取制度で、この制度を支えるのが「再エネ発電促進賦課金」という利用者の負担金です。 再エネ賦課金の特徴 電気を使うすべての方にご負担いただくものです。 電気料金の一部となっています。ご負担額は電気の使用量に比例します。再エネ賦課金の単価は、全国一律の単価になるよう調整を行います。 再エネ発電賦課金等 内訳 下記の①と②を合算したものになります。 ①再生可能エネルギー賦課金 (計算法) 消費電力量×0.22円/kW ②太陽光発電促進付加金 (計算法) 消費電力量×0.11円/kW(各地域別の単価) 固定価格買取制度(新制度)とは、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」の中で再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を、一定の期間・価格で電気事業者が買い取ることを義務付けるもの。(第177回通常国会2011年8月26日成立、2012年7月1日買取開始) 再生可能エネルギーは以下のものをいいます。 ①太陽光発電 ②風力発電 ③水力発電(小水力) ④地熱発電 ⑤バイオマス発電 また、電気事業者が買い取りに要した費用は、使用電力に比例した「賦課金」によって回収することとしており、電気料金の一部として、国民(電気使用者)が負担をすることとなっています。 私の家の電気領収証「電気ご使用量のお知らせ」を見ました。 たしかに、再エネ発電促進賦課金等が記載され徴収されていますね~。 資源少ない日本です。いつの間に徴収されていたのかという気持ちはありますが、 日本の将来を支える仕方の無い費用でしょうか?(^^;)…。

カテゴリー: 事務局ブログ | コメント