注文住宅 名古屋 ウッドビレッジ

緑がいっぱいの自然に囲まれた木造注文住宅専門展示場「ウッドビレッジ」

事務局ブログ

  (株)渡邊工務店 「天然木の家・我が家の発電所」展示棟、の紹介!

2012年11月9日

健康木の住まい「ウッドビレッジ」展示場、ブランドのご紹介!
今回は㈱渡邊工務店さんをご紹介します。

展示棟名:「天然木の家・我が家の発電所」
出展会社: 株式会社 渡邊工務店  本社:海部郡飛島村

「天然木の家・我が家の発電所」は地産地消の国産天然木と省エネの住まいに、最先端の太陽光発電とエネファームをダブルの発電機器を搭載し、我が家の発電量や消費電力量がひと目でわかる、エネルギーの見える家です。

構造材は柱・土台材は東濃桧材、4寸 通柱4.5寸  梁材は松・桧材  在来工法

建物面積
1階床面積   147.08㎡(44.40坪)
2階床面積    78.34㎡(23.65坪)
延床面積     225.42㎡(68.05坪)
母屋・おもや(本屋・ほんや)住宅プランです。
http://www.wood-village.jp/modelhouse/house06.html

外観は間口13mの玄関ポーチ・和室の1階屋根が下屋を形成し、その上部に左右対称の2階切妻屋根がのり、建物を構成しています。壁は白を基本に木部との色の調和も良く、次世代の日本の住まいを感じさせる建物です。

屋根:三州陶器瓦 4~4.5寸勾配      軒先:一文字瓦使用
壁:吹付仕上、下地3×10板
(アクリル系壁仕上げ剤、耐久性や防カビ・防藻性、防火性などに優れた水性タイプのアクリル樹脂をバインダーとした砂壁状塗装剤)
軒:桧化粧野地板・桧化粧垂木

屋根の上に太陽光発電パネルが設置されています。
太陽光エネルギーを電気に変えるシステム(発電量は3~4KW程度を発電標準的な4人家族が使用する電気料金の約70~90%をカバーできます)
余った電気は電力会社に売電することができます。

正面2階部分、切妻屋根に桧の軒天と4寸の化粧柱5本を設置、と両側の白い壁の効果もあってガラスから浮き出た柱が
一段と引立ち、イメージに残る部分です。

.
玄関:玄関ポーチの軒は深く、節の無いきれいな桧材の柱や垂木・野地板を使用しています。
床は黒天然石、 玄関戸は背の高い両開き桧板戸、高さは2400mmあります。

破風板、鼻隠し材は背の高い材料は使用していません。軒先や隅瓦をスッキリ見せるためでしょう。
母屋先は雨で割れたりするため、銅板で巻いています。
軒先も妻側も軒の出が深いです。

.
和室縁側前に大きな天然の錆び沓脱石が置かれています。
ポーチの束石、みかげ石
玄関前に水がめを置くとその家はお金に不自由しない!?

.
もう一つの発電機器、エネファ-ム(家庭用燃料電池)東邦ガス
一般家庭に設置する自家発電・給湯設備で、都市ガスなどから水素を取り出し、空気中の酸素と反応させて発電するシステムで、発電時の排熱も給湯に利用する。ガスなどから水素を取り出す過程で二酸化炭素が排出されるが、従来の給湯器と比べて二酸化炭素の排出量を約4割削減できるとされる。

一般家庭の年間使用電力の約50~60%を発電し、沸かしたお湯は年間給湯量の約80~90%をまかなうことができます。自動学習機能があり、効率的に発電・給湯ができます。

戸建住宅用、電気自動車用充電器設備、スタンドタイプ100V・200Vコンセントを搭載した充電スタンドを設置。
電気自動車の時代、今後は準備が必要でしょうか。

魅力がいっぱいの㈱渡邊工務店の「天然木の家・我が家の発電所」天然木と省エネの住まいです。
実際に見て体感してください。お待ちしています(^^)v
来週は室内の紹介予定です(^^;)…。

カテゴリー: 事務局ブログ   パーマリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>