注文住宅 名古屋 ウッドビレッジ

緑がいっぱいの自然に囲まれた木造注文住宅専門展示場「ウッドビレッジ」

事務局ブログ

月別アーカイブ: 12月 2012

  隣接施設「あいち健康プラザ」情報!

2012年12月8日

ウッドビレッジ隣接施設、「あいち健康プラザ」、あいち健康の森健康科学総合センターの ご紹介とお知らせ!      ウッドビレッジ側から撮影(^^) ウッドビレッジの東側には「あいち健康プラザ」、あいち健康の森健康科学総合センターという「保健・医療・福祉・生きがいを推進する総合施設」があり、 「すべての県民に健康を!」を合言葉に、県民のみなさまに親しまれています。 オープン以来14年経過 正面玄関には総合受付案内が設置されいます。 一人ひとりにあった健康づくりを応援し、健康のすばらしさを体感していただける施設として、また、人々が交流を深め、生きがいを感じられる施設です。 健康づくり・生活習慣病と介護予防を一体的に推進する拠点を目指しています。 中央ホールはガラス張りの円形ドームです。高さは一番高いところまで20mくらいはあるでしょうか。 施設は大きなガラスドームを挟んで健康開発館、健康情報館、健康科学館、健康宿泊館 の4つの施設から構成されています。 あいち健康プラザさんから「あいち健康プラザNEWS」2013冬号が届きましたので掲載します~☆。   健康開発館:健康状態と生活習慣の両面から、一人ひとりの健康度を総合的にチェックし、各個人に適した健康づくりを提案するとともに、健康づくりの実践を支援します。 健康科学館:常設展示室(展示室 I「からだの科学」、展示室 II「健康の科学」、展示室 III「脳の科学」)と、特別展示(期間限定)がご覧いただけます。 プラザホテル(健康宿泊館):宿泊施設(63室140名収容)、温泉(サウナ付き)、レストラン、プラザホール(最大1,000名収容)、貸会議室などが完備。国際会議や地域の研究会・会合や講演会など、交流の場としてご利用いただけるとともに、温泉や宿泊の場を提供し、快適なくつろぎを満喫していただけます。 健康情報館:保健・医療・福祉に関する情報や、健康開発館で蓄積した情報を、インターネット等を介して提供します。情報ライブラリーでは、健康に関する図書や資料を自由に閲覧したり、健康情報の検索ができます。 「あいち健康プラザNEWS」をお伝えしました。 あいち健康プラザさんでは年末から来年3月まで、教室やイベントが盛りだくさん開催されます(^^)v お近くにお越しの節は、住まいの環境にも目を向けて頂き、 木造住宅専門展示場 「ウッドビレッジ」 にもお立寄りくださいね(^^;)…v

カテゴリー: 事務局ブログ | コメント

  JAあいち知多「住宅ローン金利プラン」情報!

2012年12月5日

ウッドビレッジ事務所の掲示コーナーには、JAあいち知多「住宅ローン金利プラン」の情報とチラシがいつも置いてありますのでご利用ください(^^) 住宅購入の時は、資金計画が必要です。 あなたに合ったプランを選び、無理のない資金計画を立てましょう(^^)v 資料提供:あいち知多農協協同組合 金融部 北部ローンセンター 今回のプランは12月28日(金)まで 「JAとのお取引はこらから」という方もお気軽にご相談くださいということです(^^)v 消費税増税前の家づくりは早めの計画が大切です! 消費税増税法案が可決され、 消費税率が2014年4月に8%、2015年10月に10%に上がることが決まりました。 住宅購入は消費税の影響が大きいです。 例えば、建物価格2,000万円なら5%で100万円、8%で160万円、10%で200万円を消費税として払うことになります。 消費税引上げの半年前がポイントです! 住宅の消費税引き上げが適用されるのは2014年4月1日以降に引き渡しとなる物件からです。しかし2013年9月30日までの契約であれば経過措置が適用され、引き渡しが2014年4月1日以降でも旧税率が適用されます。 . 住宅購入の資金計画(^^)v 住宅の購入には、購入費だけでなくその他様々な諸費用がかかります。ご自身でいくら資金を用意するのか、住宅ローンをいくら借りるのか、を把握しておく必要があります。 長い付き合いとなる住宅ローンですので、無理のない資金計画を立てましょう。 頭金(自己資金)はどのくらい必要(^^)? 一般的に、住宅ローンは購入価格の80%までが借入れの上限額というケースが多いため、頭金の目安は購入価格の20%程度といわれています。 ただし実際には購入費以外の諸費用(およそ購入価格の5%~10%)がかかるため、25%以上を用意するのが望ましいとされています。 (例)2,000万円を借りる場合 頭金(自己資金) = 購入価額 × 25%程度 =500万円程度となります。 住宅ローンをどれくらい借りられる(^^)? 住宅購入にあたって、住宅ローンをいくら借りられるのかが大きなポイントになってきます。 一般的に住宅ローンの毎年のローン返済額は年収の20~25%程度が目安と言われています。 これを参考に、収入から逆算することで、ローン期間を何年にするといくらまでローン借入が可能か、大体の目安となるでしょう。 家づくりは早めの計画と無理のない資金計画が大切ですね(^^)v….

カテゴリー: 事務局ブログ | コメント

  ㈱三和木「東濃ひのき・三和木の家」展示棟、室内の紹介No2!

2012年12月3日

健康木の住まい「ウッドビレッジ」展示場、ブランドのご紹介! 昨日に引続き、(株)三和木さんの室内をご紹介します(^ ^) 展示棟名:「東濃ひのき・三和木の家」 出展会社: 株式会社 三和木 本社:岐阜県加茂郡白川町 白川の地で生まれ二百余年の時に磨かれた「技」と「思想」の家です。 建物面積 1階床面積  161.50㎡(48.85坪) 2階床面積   67.28㎡(20.35坪) 延床面積      228.78㎡(69.20坪) 間取りプラン参照 http://www.wood-village.jp/modelhouse/house08.html キッキンに隣接してサニタリー(水廻り)を配置しています。 洗面・脱衣室も広いスペースを確保しています。天井は桧板を張り、香りゆたかで、湿気の多い部分でも耐久性に優れたな材料を使用しています。 洗面は一枚のカウンターに二槽シンクを設け、化粧室を兼ねても大丈夫な広さですね(^ ^) 浴室は、市販のユニットバスではなく、オリジナル製作です。 床・壁:御影石貼り、天井:桧材張り、 トイレは腰掛便器と小便器を別々に設け、見付を薄くした一枚板におしゃれな手洗器を置いています。ライン照明がとてもやわらかい光でトイレの位置を示しています。 床:木製フローリング 壁:塗り壁 天井:桧板張り 居間から中庭を眺めながら2階への階段に繋がっていきます。 踊り場は墜落防止も兼ねた手すりで、階段板は桧積層材塗装仕上げです。 手を摺らせて使用することから「手摺り」と呼ばれているのでしょうか。 開放的なU字階段を上ると勾配天井の中央にインパクトある古色の松丸太が現れます。 天井は赤身杉板で、廊下部分まで勾配天井です。いい感じですね(^ ^)v ベット側の壁に変化を持たせ、壁・天井は白を基調とし、左右対称の窓やダウンライト照明が光を放ち、安らぎとくつろぎを感じられる寝室です。 クーラーは表に出さず壁面に埋込み、木製ルーバーで目隠しています。 寝室の腰壁にはカウンター付収納で十分な収納スペースを確保しています。 隣接にはウォークインクローゼットを置き、洋服やスーツケースや小物など全部まとめて1か所に収納できるので便利な場所です。 子ども室には床から天井までの壁面収納庫が設置されています。寝室と同様にクーラーは表に出さず壁面に埋込み木製ルーバーで目隠しです。 机は重量感ある無垢材で、天板は狂いを取った板を3枚、繋ぎ合わせています。 テーブルと座卓、天板は大きな一枚板です。「栃の木」でしょうか。無垢材は何とも言えない味わいがありますね。 愛知県内建築マップが打ち合わせ室に設置してありました。 数多くの施工実績です(^^)v。 エネファ-ムを利用して、居間・リビングには床暖房を設置してあります。今の時期は、心地よい暖かさが伝わってきて快適な生活環境です。 エネファ-ム(東邦ガス) … 続きを読む

カテゴリー: 事務局ブログ | コメント

  ㈱三和木「東濃ひのき・三和木の家」展示棟、室内の紹介No1!

2012年12月2日

健康木の住まい「ウッドビレッジ」展示場、ブランドのご紹介! 今回は(株)三和木さん「東濃ひのき・三和木の家」室内をご紹介します(^^)v (一部の写真は㈱三和木さんから提供をいただきました) 展示棟名:「東濃ひのき・三和木の家」 出展会社: 株式会社 三和木 本社:岐阜県加茂郡白川町 伝統と風格を極めた和モダンな暮らし。 おもてなしやおもいやりの心がさりげなく導かれる暖かみのある住まい、そして無理なくエコライフができ、耐震、耐久、省エネの次世代木造住宅です。 エコライフ:私たちの生活がまわりの環境や私たち自身に影響を及ぼしている現状を認識し、少しずつでも何らかの行動を起こしていけるような生活スタイル。 構造材は柱・土台材は東濃桧材、4寸 通柱5寸  梁材は松・杉材  木造在来工法2階建 建物面積 1階床面積  161.50㎡(48.85坪) 2階床面積   67.28㎡(20.35坪) 延床面積   228.78㎡(69.20坪) 間取りプラン参照 http://www.wood-village.jp/modelhouse/house08.html 桧の木目が美しい玄関戸を開けると、おもてなしの心が伝わる暖かみのある玄関ホールを見ることができます。 正面の壁は杉柾目(すぎまさめ)と和紙との配置バランスもよく、天井は勾配天井で奥行きも感じさせ、壁との間には欄間障子(らんましょうじ)をはめています。 そんな玄関の雰囲気の中、壁の中央には、さりげなく一輪座しが目に入り、とても心を和ませてくれる演出をしています(^^)… 玄関床:白御影石 ホール床:栗の床材 壁:塗り壁 天井:桧柾目板(まさめいた) 玄関床とホール床との段差も小さく、とても上がりやすいです。 玄関框:タモ板材 玄関の脇には杉無垢(すぎむく)の飾り棚兼用の小物収納があり、中央部分はイスにもなり、腰掛けたい時や靴を履くときは便利です(^^)v。 玄関ホールを挟んで左側は接客間を兼ねた和室です。床柱(とこはしら)以外は柱を見せない工法を取り、スッキリした幅9尺(2.7m)の床ノ間と付書院(つけけしょいん)を思わせる出窓を設け、従来の和室にはとらわれない現代的な和風を感じさせます。 床柱(とこはしら)は木目がとてもきれいな秋田杉を用いています。 落掛け(おとしがけ)に特徴があり、和室に軽やかな感覚を持たせたい場合には、見付け部分を刀の刃ように極力薄くした落掛け材(刀刃・八掛け=はっかけという名称でしょうか)を用います。 落掛け:床ノ間の上部、小壁の下にかけ渡してある横木。 天井は秋田杉材を格子状に並べ、間から差し込む間接照明の効果で、心がなごむような気持になります。 床板(とこいた)は輝きのあるとても綺麗なピアノ塗装を施し、壁際は間接照明が光を放ちます。 襖戸の引手金物は琵琶楽器のような形をしています。 建具枠も見付けを刀の刃ように極力薄くした材を使用しています(^^)ok。 天井までの大きな建具を開けると、広々とした家族団らんの場である生活空間が広がります。床はナラ材フローリン貼り、壁・天井は白を基調とした配色の塗り壁です。 居間・ダイニング・キッチンを含めると30帖あり、ダイニングの一角からは居間・キッチンを一望できます。 居間とダイニングの広い空間には槐(えんじゅ)大黒柱と同色塗装の梁材があり、それを横切る黒塗装の照明BOXが部屋空間とのコントラストが素敵です。 ライン照明は家具等の位置によって移動可能な機能もあります。 … 続きを読む

カテゴリー: 事務局ブログ | コメント